トウキョウキッズ TOKYO KIDS

トウキョウキッズ コラム

教育、中国、金融についてコラムを書いています(2017年9月24日)

 

 

 

①キャリア 

 

 

将来の活躍に繋がる頑張る力、非認知能力をいかに戦略的に作っていくかを考えていきます。


 

本日はその99回目です。


年功序列型賃金はそれほど悪いか
日本の年功序列型賃金を批判する人は少なくない。その主張には賃金を市場価格に基づいて決める、またはその時点の評価に基づいて決めるべきというものが多い。

市場価格とは何かといえば直観的には株価を思う浮かべて貰えると良い。一瞬一瞬で価格が変動
し、バブルと呼ばれるように価格が急騰することもあれば、あまりにも低い値段になっていることもある。

人間の価値は市場を使って価格を決めることは合わないようだ。人間の価値は一瞬一瞬で変わらない。あまりにも不合理な価格を市場は付けることがある。

20歳代は40歳代や50歳代に比べてお金は必要ないと思われる。若い時は子供の養育や親の面倒にかかるお金は相対的に必要がない。

批判のある制度が継続している場合は批判をしていない人たちが何らかの合理性を感じているケースが少ないないと思われる。年功序列型賃金を採用している会社を選ぶことはそれほど悪いことではない。


②チャイナ


隣の大国中国について、多方面から学んでいきます。


本日はその112回目です。


ヤフージャパンで検索できず

中国でヤフージャパンを使って、検索ができなくなったことが報道されています。中国ではグーグルの検索エンジンも以前から使えない。検索エンジンはバイドゥを筆頭に中国の会社のものだけが使える。中国の検索エンジン会社は中国共産党の管理下にある。中国共産党と良好な関係を結ぶことで、生き残り、発展ができる。中国共産党に不利益を与えるものは検索エンジンから外し、顧客情報の提供も行う。民主主義国家ではない中国の特徴です。安倍政権になってメディアから情報の管理に批判があるものの、次元の異なる話。


③ポリティカル・ファイナンシャル

政治、金融、経済、経営について、多方面から学んでいきます。


本日はその128回目です。


顧客情報をできるだけ持たない経営

個人情報保護法により顧客情報の厳格な管理が要求されています。顧客情報の流失はその直接的な補償だけでなく、顧客から大きく信頼を失うことになります。例えば、ベネッセホールディングスは生徒の情報の流失で失った信頼を回復できていません。


顧客情報を使ってきめ細かくマーケティングが出来る時代がありました。その効果もネットが普及して、消費者が様々なサービスを自ら知ることができる時代にもなり、企業から一方方向のマーケティングの仕方も有効性が低下してきています。


顧客情報を現在の顧客だけにして、しかもその情報を出来るだけ少なくすることは企業も守る上で検討に値する方法と思います。