トウキョウキッズ TOKYO KIDS

トウキョウキッズ コラム

教育、中国、金融についてコラムを書いています(2017年6月27日)

 

 

 

①キャリア 

 

 

将来の活躍に繋がる頑張る力、非認知能力をいかに戦略的に作っていくかを考えていきます。


 

本日はその83回目です。


英検

英検が子供たちがその勉強をして実際にも役立つ試験になっています。世の中の試験はそれに合格したからといって、実際に役立つとは思えないものも少なくありません。


以前、英検は読むことと書くことに重点が置かれていましたが、現在は読むこと、書くことに加えて、聞くことは、話すことも問われるようになっています。コミュニケーションできない英語からそれができる英語に変わっています。


英検の勉強をすることで、実際に英語が使えるようになります。英検をマイルストーンとして活用していくことは良いことと思います。



②チャイナ


隣の大国中国について、多方面から学んでいきます。


本日はその95回目です。


ドローン世界一のDJI

日本でもドローンの活用の模索が始まっています。まだイベントの呼び物として、ドローンの操縦教室が収益の柱に留まっていますが、今後、どのくらい時間がかかるか分かりませんが、実需に結び付いたビジネスに利用されてくると思っています。


民生用のドローンの世界シェアで70%を握っているのは中国メーカーのDJIです。2006年創業です。中国が模倣でなく、世界をリードする可能性がある初めての産業です。


おもちゃではなく、ビジネス用で1台30万円程度から150万円程度で売られています。それほど高いものではないので、活用先が出てくれば大きなマーケットが出てくる可能性はあります。



③ポリティカル・ファイナンシャル

政治、金融、経済、経営について、多方面から学んでいきます。


本日はその109回目です。


政治の救世主伝説

現在、東京都議会議員の選挙が始まっています。選挙日は仕事で忙しいため、期日前投票をしてきました。バブル崩壊後、私達が学んだ教訓の一つは政治経験の乏しい政治家を救世主として期待してはいけないことです。


民主党に期待をかけましたが、散々なことになりました。ビジョンは良かったと思いますが、実行力を大きく欠いていました。政治には経験が必要です。大臣、政党内執行部の経験を踏まずに、国のリーダーになっても、何も出来ません。民主党は官僚を排除しようとしましたが、それ以上の実行力を発揮することは出来ませんでした。リアリズムを欠く改革は中国の文化大革命のように漫画のような悲劇をもたらします。民主党は名前を変えましたが、支持率は低いままです。国民の賢さを感じます。