学生が学ぶお金の学校

 学生のための金融教育・起業塾 (2019年10月1日)

  金融教育のパイオニアで最高峰、未来へ先行投資   


金融リテラシーは人生の強力な武器

  ☆ファイナンシャルスクール☆


  • お金のことについて学べます。
  • 学究と実務の経験により教えます。金融教育ではパイオニアです。他にはないコンテンツです。創業以来、他のスクールと比べて、コンテンツが圧倒的に上回っている状況は変わっていません。ここでしか学べません。
  • 経済、経営、金融、法律・契約、政治に全般について学べます。
  • 学び方は生徒にどう思うかを問いかけながら、進めます。答えが当たっても当たらなくても考える習慣が付きます。答えのない質問もします。その中で様々なメタ情報(その情報がどこにあるか)も知ることが出来ます。
  • 残念ながら、受験には直接役立ちません。大学受験の時の学校選択から役立ち始め、その後の就職活動の本格的に役立ちます。仕事の入口で正解を選ぶことは、その後の仕事人生に大きくプラスに働きます。保護者も生徒も先行投資を行う覚悟が必要です。
  • 仕事が始まれば、引退まで、引退後も役立ち知識です。
  • 社会の仕組みや世の中のなりたちが良く分かります。子供たちには学歴だけでなく、さまざまな力をつけることが求められる時代に合う学びです。 
  • 机の上での勉強以外に、実務については何が必要か授業を通じて、教えます。
  • 高齢になって、ビジネスで成功した人に会うと、口を揃えて、経済、経営、金融を勉強しておけば良かったと言います。それが避けられます。 
  • 学童クラブを運営した経験があり、子供たちを教育することに慣れています。
  • お金のことは独学で学ぶには幅広く、内容も簡単ではなく、優先順位を付けることも難しいです。
  • 希望があれば、保護者も一緒に学べます。
  • インターネット無料サービス”skype"を使って、受講をすることが出来ます。相対的に賢い生徒であれば、電話会議のやりずらさも乗り越えられると思います。

価値感は伝えません

  • 学ぶ内容は論理的な内容です。私どもの価値観を伝えることはしません。分かりやすい例で説明します。昭和の名作アニメの宇宙戦艦ヤマトで、母星の消滅の危機にガミラス帝国のデスラーは生存をかけて地球に攻撃をかけました。一方、イスカンダル星のスターシャは星の滅亡とともにします。この状況において判断することのメリット、デメリットは伝えますが、どうするかは生徒に任せます。
  • 実際のところ、価値感を伝えないことは相当のトレーニングが要ります。簡単なことでありません。民間塾の経営者も先生もほとんどがこれができません。

期待できる効果

  • 人生が豊かになります。大学を自らが選ぶ、就活にも非常に有利です。社会人になってからも、住宅を購入する時、余資を運用する時、確定拠出年金を運用する時などに役立ちます。一生役立つ知識です。

学び方 

  • 先生1人に対して、生徒1人で勉強します。保護者の同席は可能です。通学できる距離に住んでいれば、直接指導を受けた方が効果があがりますが、"skype"を使って学ぶことも出来ます。
対象  
  • 保護者が経済、経営、金融、法律・契約、政治について、子供にそのリテラシーを身につけることに積極的であることを望んでいます。ファイナンシャルリテラシーをしっかり身につけることに、相対的に時間を頂きたいと思います。先行投資です。
  • 高校生、中学生、小学校高学年が対象です。小学生5年生で学ぶ「割合(何割、何%)」が理解できることが学ぶために最低必要な条件ですが、年齢はそれほど関係ないことが分かっています。経済のことを理解することは簡単ではなく、難しいからこそ、学ぶことが好きな生徒には知的興奮で一杯です。賢い子供に向いた講座です。基礎学習ではなく、応用学習です。基礎的なことが積みあがっていないとなかなか理解できません。
  • 保護者の考え方、生徒の認知能力(賢さ)と非認知能力(頑張り)により、入会を決定します。トウキョウキッズで学んだことを将来、活かすことができると考えられる生徒を優先します。そのため、入会をお断りする場合があります。

クラス別


  • クラスは6つあります。①高校生クラス、②中学生クラス、③小学生高学年クラス④起業塾、⑤ファンドマネジャー塾、⑥簿記3級クラス
 

☆取り上げる内容☆

ファイナンシャルリテラシーの中で、重要度の高いもの、よく取り上げられるものから取り上げていきます。難易度ではありません。内容が難しいこともある一方で、簡単なこともあります。


☆取り上げる内容の一例


学ぶ内容は出来るだけタイムリーな話題、一般的に思われていることと違うこと、大人でも理解できていないことなども積極的に取り上げます。最近の投資活動をフィードバックします。学ぶ内容は時代遅れにはなりません。下記で例として取り上げている貿易は、他校でも学べることと思います。トウキョウキッズの方針として金融教育を行う学校が粗製乱造にならないように、学ぶ内容の詳細についてはウェブサイトでは公表していません。民間教育を行う学習塾はテストをリバースエンジニアリングして教育しています。それは目標の学校に合格させる意味では合理的です。その自らは考えられない学習塾に本物の金融教育を真似させないことにしています。

 

貿易


  •  日本の輸出にはどんな特徴があるかを子供たちがグラフや表を見て考えます。
  •  自動車産業が日本の輸出のリーディング産業であることが分かります。
  •  日本の輸入にはどんな特徴があるかを同様に子供たちがグラフを見て、考えます。
  •  日本のエネルギーが海外の天然資源に依存していることが分かります。
  •  為替の変動がどういう影響を与えるかも考えます。大人でも理解し難い円高が与える影響、円安が与える影響を理解します。

  副次的な効果 


  • 考えさせて、書かせる試験対策になります。定性的な情報を持ちつつ、グラフや表の定量的な情報を使って、考えるためです。

☆起業クラス☆ 


  • 起業がブームではなく、日本でも働き方の一つの選択肢になってきました。社会に偏見なく受け入れられるようになってきました。良い時代です。 

  • 他社やヴォランティアで手掛けている起業塾はゲームにとどまっている中、トウキョウキッズでは実践的な内容を取り上げます。トウキョウキッズでは実務と学究を合わせた指導をします。

  • ビジネスモデルを自ら考えるトレーニングをします。加えてほとんどのベンチャー企業家や中小企業の経営者が身に着けられていない数字を見た経営、コンプライアンスに基づいた経営、商業道徳に適う経営を学びます。 

  • 多くの起業塾はグループ単位で学んでいます。しかしどの会社でも社長は一人です。一人で考える経験が必要です。トウキョウキッズでは先生1人に対して生徒1人で指導をします。 

☆ファンドマネジャークラス☆ 

  • プロフェッシナルの資産運用を教えます。

  • 多くの金融スクールで教えてる先生にはプロフェッシナルの経験がありません。

  • 学究と実務をバランスよく教えます。

  • 日本で唯一の学生に教える本格的なファンドマネジャー塾です。


☆授業料☆


  • ファイナンシャルスクールは授業料(税別)は小学生クラスが1回60分2800円、②中学生クラスが1回60分3300円、③高校生クラスが1回60分3800円、起業クラスは1回60分4300円、⑤ファンドマネジャークラスが1回60分4800円、⑥簿記3級クラスは1回60分4000円。他に毎月維持費1750円、教材費1750円が必要になります。入学金は2万円。振替可能です。

  •  すべてのお客様に対して、同じ価格です。価格交渉で無駄な時間を使わないため、最初からリーズナブル価格にしています。尚、価格の見直しは経済状況や弊社の状況に応じて行っています。

☆授業時間☆


  • 土日祝日の午前9時から午後1時まで、平日の午後4時から午後21時