トウキョウキッズ TOKYO KIDS

コメント:CEO&COO 蛯原健史

2019年2月9日

トウキョウキッズのウェブサイトにご訪問頂きありがとうございます。

 TOKYO KIDS株式会社CEO&COO 蛯原健史(えびはらたけし)です。なお、この文章の後半に私のプロフィールを掲載しています。


 トウキョウキッズの設立は2012年12月12日です。会社設立後会計年度で7期目に入っています。設立して数年で破綻する会社が多い中、事業を継続できています。


トウキョウキッズは資産運用事業と未来に繋がる子供向けの投資教育事業を手掛けています。アセットマネジメントを実践し、それを子供達への教育にフィードバックしていくことは社会を少し豊かにしてくれると考えています。


主力の資産運用事業ではプロフェショナルのファンドマネージャとアナリストとしての20年を超える株式投資の経験に加えて、7年前からは国内、海外を問わず、株式、債券、不動産、FX、事業投資など様々な投資商品を手掛けています。通常、ファンドマネージャ―は何かの運用商品に特化していることが一般的ですが、独立し、会社を設立したことで、様々な金融商品への投資が可能になりました。現在のところ、運用資産は自社で調達したものに限定し、個人や法人、金融機関から調達した資金での運用を行っていません。また、事業投資についてはエージェンシー問題の取り扱いが難しいと理解し、慎重に考えています。


投資教育事業では最初は投資に関わることに絞らず、幼児から中学生を対象により効率的で効果的な方法を求めて、様々な試みをしてきました。健常児から発達障碍児までです。理論的には人間の能力は遺伝が60%以上で、残りが環境で決まりますが、実際に行って見て、これが正しいことが分かりました。トウキョウキッズでは現在、投資に役立つ教育だけを行っています。教育業界はスキャムが多い業界で、学習塾、英語塾など民間教育機関を選ぶ際に選択を間違えると大事な子供の教育機会が失われてしまいます。


お金の学校では子供達が金融の知識を得ることが出来ます。最初は学ぶ生徒の制限をしていませんでしたが、小学校高学年で学ぶ割合の理解と知識が必要であることが分かり、これを入学の条件にしています。これが出来れば楽しく学べます。金融の知識は受験には役立ちませんが、仕事を始めれば、その第一日目から役立ちます。東京都の中野の教室だけでなく、skypeを使って、全国の子供達が学ぶことができるようにしています。


英語は投資の情報を得るのに欠かせません。加えて、世界の経済に影響を与える国や企業が存在する国の言葉も分かれば、尚、良いと思います。小学生、中学生向け英語学校は歌って、踊って楽しく学ぶのコースやオールイングリッシュで学ぶコースが人気です。しかしどちらも試みて見ましたが、ほとんどの生徒が頭に残らないということが分かりました。現在、教えている英語はノンネイティブとして、違いに着目して、正面からしっかり学ぶことです。世界では様々な英語が話されています。英語が母国語のアメリカとイギリスでも相違がありますが、シンガポーリアンにはシンガポーリアンなりの、インディアンにはインディアンなりの英語があります。アメリカ英語から逸脱しても許容される範囲は無視をして、外してはいけないところを教え、自ら、インターネットで学べるところまで連れて行きます。こうすることで、英語をマスターする時間も、お金もセーブ出来ます。

 

最後にトウキョウキッズには5年の中期経営計画があります。これまで様々な事業を手掛けてきましたが、現在、事業分野は2つになっています。身の丈に合った経営を行っていきます。



CEO&COO 蛯原健史(えびはらたけし)のプロフィール

◎キーワードその1は神戸大学大学院経営学研究科卒です

日本を代表する経営学者の一人加護野忠男先生に指導を受けました。経営に携わっている人の多くは先生の著作に触れたことがあると思います。修士論文は「コーポレートガバナンスとパフォーマンスの関係」です。


 ◎キーワードその2はファンドマネジャー・アナリストです

野村アセットマネジメント株式会社で日本株式ファンドマネージャーを18年間、日本株式アナリストを5年間担当しました。ファンドマネジャーとして、お客様は日本、米国、欧州の公的年金、私的年金基金。パフォーマンスを出すだけでなく、軽視されがちなお客様への説明をしっかり行い、強い支持を受けました。日本株のマーケットが悪い状況でも、預かり資産が維持できました。


◎キーワードその3は上海拠点長です

野村アセットマネジメント株式会社が中国上海に拠点を新たに設けることに参加しました。英語、中国語が話せることに加えて、長期の運用経験が評価され、中国語でのペーパーテストを経て、中国証券当局(CSRC)から拠点長の許可を得ました。上海拠点での部下は全員中国人でした。


◎キーワードその4は起業です

2012年12月12日にTOKYO KIDS株式会社を設立し、CEO&COOに就任しました。未来に繋がる投資と投資教育をしていきます。