受験と補講の小学生学習塾

                         2018年2月7日                      

小学生学習塾・受験と補講 

社員のプロ教師がゆったりした空間で一人の生徒に教えます。おやつ付きです。勉強の悩みにしっかり応えます。       

 

 

小さい塾だからやれることがあります

教室長からのメッセージもあります!

授業時間

月曜日から金曜日まで、平日(午後3時00分から午後8時)

授業時間は30分から。週4、週3を利用している生徒がいます。 

トウキョウキッズのプロズ&コーンズ

ほんとうに小さな塾です。教室は東高円寺と中野に2つありますが、一つの教室で、一人の先生が個別指導を行います。そのため、一つの教室で教えられる生徒の数は10名に満たないです。もちろん中学受験で最も好成績を出しているSAPIX、普通の子供たちに勉強を教える栄光ゼミ、個別指導大手の明光義塾など大手学習塾が得意とすることは出来ません。大手との比較でプロズ&コーンズ(良いこと、悪いこと)を説明していきます。


1.カリキュラムもオリジナルテキストも無し

トウキョウキッズはカリキュラムも作っていません。またオリジナルテキストも作成していません。それらを作り、メンテナンスしていくには相当のマンパワーが必要になります。それより生徒の苦手を克服し、得意を伸ばす指導に力を入れています。テキストは受験に対しては四谷大塚の予習シリーズ、補修には学校の教科書に沿って指導しています。四谷大塚の予習シリーズは最も完成度が高く、オリジナルテキストを大きく見せるために用意している中規模学習塾にありがちな著作権侵害の問題も発生しません。

トウキョウキッズは予習シリーズと学校の教科書を使って、学力に関係なく一人一人に合った指導を行うことを行っています。

2.実績

まず、受験については中学入試まで在籍した生徒はおりません。トウキョウキッズでは有名中学の受験をするのであれば、4年生からSAPIX、早稲田アカデミー、四谷大塚、日能研の大手4社に通うことを薦めています。なぜならば実際の試験で合格を争う生徒がそこにいるからです。自らの実力が分かります。トウキョウキッズではそれら学習塾の補習を行っています。大手学習塾が出し過ぎな宿題を調整することも行っています。その大量の宿題は大手学習塾がその生徒が受験に失敗した時にエクスキューズに使っていると考えています。

受験をしない子供の指導の結果は学校の通知表にあると考えています。小学校1年生から椅子に座れる子供は通知表の評価は各項目ですべて良いで最高評価になっています。椅子に座れない子供は勉強の習慣が付くにしたがって、成績が改善してきています。1年生の時に学校の先生から学力不足を指摘された子供の成績も真ん中まで高まりました。

3.保護者との関係

実際に指導をしている教室長が保護者と面談します。大手学習塾ではそれ専門の担当者を置き、大手個別指導塾では教えない教室長がそれを担当します。トウキョウキッズにはキレイな説明資料はありませんが、その生徒に関する情報の洩れは少なくないと思います。

トウキョウキッズでは入会を検討されている時、入会後、保護者の要望があった時に保護者とミーティングを持ちます。そこでは保護者のお話を傾聴することを第一にしています。多くのケースで保護者がその子供に対して答えを持っているためです。

トウキョウキッズではどう対策をしても、その要望に応えられない場合には率直にそのことをお伝えします。生徒の維持・確保にはつながりませんが、嘘を言うより、誠実に本音で話すことにしています。正直にお話をして、生徒が確保できなくても、維持できなくても構わないことを会社の方針にしています。塾大手の上場企業と異なり、収益をかせぐプレッシャーはありません。

4.経験

数十年の経験を経ている学習塾が少なくない中、トウキョウキッズはわずか6年です。少ないと感じられるかもしれませんが、教室長は20数年の指導経験を持っています。またトウキョウキッズが行っている方法論は子供たちの成績を上げるのに最も効果的と考えています。学生時代に勉強が得意で、教えた経験の長い社員の先生が一人の生徒に教える。売上高の目標はなく、成績を上げることだけを目標としています。また残業なしで、有給休暇全消化です。先生に余裕があります。

5.規模は追わず

高い品質のサービスを行うために、規模は追わないことにしています。一つの教室で社員で成績の良かった教える力のある先生1人が生徒1人に教えます。引き受ける生徒の数を制限しています。新しい教室を作る際にも、良い先生が確保できた際に考えることにしています。

6.先生は教えることに特化

先生は現場の教えることに特化しています。教えること以外のお金の管理や広告などは本社で行っています。営業に駆り出させることも、営業ノルマもありません。先生は社員でアルバイトではありません。労働基準法違反が常態化している学習塾に大手でさえ、良い学生が来ることは少なくなっており、そのアルバイトを指導できる時間も経費もありません。


トウキョウキッズの教え方

 1.先生1人に生徒1人

上記で説明しているように一教室、先生1人対生徒1人、ワンオンワンがシンプルにこの方法が最も成績が上がりやすい方法です。多くの個別指導塾で導入している1対2以上はいわゆる安物買いの銭失いです。

 2.先生は社員のプロ教師

先生はアルバイトの大学生ではありません。塾の多くがブラック企業であることが分かってきている中、少しいたはずの良い大学生の講師がいなくなってきています。また家庭教師派遣会社では紹介した責任を免れやすい業務委託契約を使っています。トウキョウキッズでは社員のプロ教師が指導を行います。この方法は最も安定した指導ができます。

 3.結果として圧倒的な割安な価格

トウキョウキッズは他の個別指導学習塾と比べて教える以外にコストをかけていません。他社を見ると、カンパニー部門など先生以外の人員が多い学習塾もあります。設備が過大で華美な学習塾もあります。また明光義塾、スクールIEなど個別指導塾の多くフランチャイズ制を取っており、本部に払うコストが過大です。儲け過ぎの会社もあります。

60分単位で税込みの授業料だけを比較すると、中野、杉並で展開している学習塾の価格で、インターネット調べですが、ブランドCが4536円、ブランドT社が6250円、ブランドJが4585円、ブランドIが3564円です。トウキョウキッズが2700円で圧倒的に割安です。加えて先生は早稲田大学政経学部卒、神戸大学大学院経営学科卒で、質も伴っています。尚、コマが45分や50分という学習塾もあり、安さを演出している会社もあります。

トウキョウキッズの価格政策はすべてのお客様に対して、同じ価格です。定価販売です。無料キャンペーンもしていません。割引を前提にした価格体系にしていないためです。多くの学修塾が価格を非公開している中、ウェブサイトに公開しています。以下になります。60分2500円(税別)、30分1250円(税別)、入学金2万円(税別)、管理費(主に備品の入れ替えに利用)1750円(税別)、教材費1750円(税別)。

4.授業時間は30分から

勉強が習慣になっていない子供たちにとって、集中して勉強できる時間は30分です。トウキョウキッズでは勉強を本格的に始めたばかりの子供達には一回30分を週に複数回登校することを薦めています。近くに住んでいる生徒であれば30分という短い時間でも、登下校にかかる時間が負担にはなりません。勉強することに慣れてくれば、1時間またはそれ以上にすれば良いと考えています。

授業時間は30分が基準です。30分1250円(税別)。それを週に1回でも、2回でも、毎日でもお受けします。

 5.はったりは禁止、正直に

多くの個別指導塾で行っている”成績保障”はしていません。その内容をよく見て頂くと分かりますが、成績は保障せず、成績が上がらなかった時にはその後の一定期間無料で授業を行うというもので、無条件でもありません。つまり成績の上がらない生徒を長くその教室に通わせる仕組みです。”成績保障”は法律に触れている可能性もあり、商業道徳にも欠け、教育業界から無くなれば良いと思っています。今、問題となっている賃貸住宅メーカーの家賃保証と変わりません。

 トウキョウキッズでは成績が保護者の目標に達成しない場合にはその原因を探し、それに対応しても、出来るだけ避けますが、好転しない場合には転塾を勧めます。出来ることだけを正直にベストを尽くします。

  6.学習のマネジメント力

子供たちの受験を成功するために時間と学ぶ内容をマネージしていきます。大手受験塾は成功しなかった場合の言い訳のためもあり、長過ぎる授業時間に加えて、多過ぎる宿題を出しています。復習を行う時間が取れず、知識が定着しません。相対的に多くの曖昧な知識よりも相対的に少ないながらも確実な知識の方が高い得点に結びつきます。

 7.効率的な時間の利用

時間内に5科目(英語も学べます)の勉強をできます。例えば30分の中で国語と算数を15分ずつという使い方もできます。時間を効率的に使えます。

8.ゆとりのある空間

狭いブースで指導を行っている学習塾が多い中、トウキョウキッズでは少しゆとりのある空間で勉強ができまます。

9.おやつ付き

授業の終わりにおやつを出します。一生懸命勉強したことに対する報酬です。単純なことですが、学びが楽しみに変わります。

10.イーマージェンシープランとしての宿題のアウトソーシング受託

イーマージェンシープランです。中学受験で時間が足りない一方、夏休みなど長期休暇の宿題がある場合、または体調の不良の場合などは、保護者と相談し、保護者が希望すれば、宿題のアウトソーシングも受けます。

お問合せ 

複数の保護者を集めた説明会、また直接、学習塾とは関係のないイベントも行っていません。個別に学習塾について説明をし、お話をお聞きし、ご質問に答えることにしています。メールか電話でご連絡ください。説明専用のスタッフは配置していません。子供たちを預かっている教室長が直接、説明をします。

トウキョウキッズは生徒一人一人、その保護者の目的を達することを考えています。100%を目指しています。多くの生徒を集めているところでは25%程度は不満足でも構わない経営をしていると思います。我々はそうならないために、一人一人に目が届くように少人数制にしています。

保護者のご要望が我々の能力を超えると思われる場合にも、正直にそれをお話させて頂いています。 

教室長の中村恵からのメッセージ        

 

小さな一歩から


「勉強って楽しい!」と思えるように


 日々の宿題やテストのためのお勉強はやはりつまらないものなので漫然とやっているとどんどんいやになってしまいます。


いやいややらされるのではなく自分から進んで取り組める子になってほしいと考えています。


 まずは生徒本人といっしょに計画を立てます。一緒にカレンダーを見ながらページ数を数えて、一日当たりの分量を出します。自分で決めたことと思えばがんばれるものです。


また、毎日、小さな目標を立ててクリアしていくことでモチベーションを保ちます。


タイムを計って向上を目指す、〇の数が増える、より難しい問題に挑戦する、等です。


タイムは、ストップウォッチで計ることもありますが、時計が読めるようになったら自分で時計を見ながら残り時間を考えられるように促します。この技術は受験本番のときに役に立ちます。


はじめに自分で設定した目標タイムをクリアできるようにがんばります。クリア出来たらほめます。


同じプリントを繰り返し勉強する場合には、毎回〇の数が増えていくことを目標に、最終的には全問正解を目指します。〇の数が増えるたびに褒めるようにしています。


どんどん難しい問題に進んでいくのも、子どもたちにはうれしいものです。ひとりひとりの理解度を見て、すぐ次の問題をやらせたり、少し飛ばして先の問題を指定したりします。


あまり簡単な問題だと退屈で面倒なだけです。難しすぎてもちっとも分からずいやになってしまいます。ちょっと難しいけれど粘ってよく考えたら「できた!」と達成感が味わえるのが、その子にとっての良問です。「できた!」という喜びを重ねて勉強好きになっていけるよう、全力でサポートします。