トウキョウキッズ TOKYO KIDS

学習特化型学童 滞在型学習塾

トウキョウキッズ             (2017年12月10日)

 

定員10名。眼が届く距離で同じ先生から学校の勉強も受験も英語も見ます。

 

 

宿題も受験指導も英語もトウキョウキッズにて。

 トウキョウキッズが学童クラブを運営して6年目に入ります。他の民間学童クラブと同様に保護者の仕事と子育てを応援するために作りました。


トウキョウキッズの学童と他の民間の学童の違いはまず、定員10名の圧倒的な少人数制を取っていること、そして賢い先生が子供たちの勉強と生活を応援していることにあります。


定員が増えると保護者にも生徒にも目が届かなくなります。生徒数が20人以上の生徒数のが学童では10%~20%程度の生徒のフォローが出来ません。トウキョウキッズは生徒全員をしっかりフォローしていきたいと思っています。


賢い先生が民間学童の先生をすることは一つの実験でした。ほとんどの民間学童の先生は保育士が担当しています。保育士の限界は学力にあります。保育士はそもそも学力をそれほど問われてきませんでした。保育士がダメと言っているのではありません。トウキョウキッズが先生を採用する時に学力テストを行いますが、中学受験の指導が教務面で要求される最も高い水準のため、そのレベルのテストを出題します。保育士の先生の算数の点数はほぼ0点です。トウキョウキッズでは中学受験の指導が出来る先生を用意しました。また英語も指導できる先生です。


学力の60%が遺伝によるものです。残りが環境などです。その環境において賢い先生がお母さん代わりをしたら良い影響を与えるのではないかというのが仮説でした。そして6年が経ち、それは妥当であることが分かりました。預かった時に比べて、すべての生徒の学力が高まっています。1年生の時に成績下位の子供は中位になりました。成績優秀な子供たちはその成績を改善または維持しています。賢くなくても椅子に座ることが出来れば成績が残せることも分かりました。


トウキョウキッズの学童は学びを大切していますが、実際、登校から下校まで数時間の滞在です。学習を優先するとしても子供達に与える負担はそれほど大きくありません。学童にいる時は可能な限り学び、遊びはトウキョウキッズにいない時、家でも、学校でも、週末でもできます。子供の生活のバランスはとれます。小学校受験や中学校受験のための受験塾が運営している学童と異なり、切迫感や緊張感の出ない、厳しく明るく学びコンセプトに基づいて運営しています。

 

勉強は子供たちの言葉を借りれば、うざくて、めんどくさい面があるのは否定できません。それを我慢して行うことで、頑張る力が付きます。それを通り過ぎると勉強が習慣化します。もちろん、勉強の得意な子供、苦手な子供がいるので、ゴールは一人一人の子供で違います。


トウキョウキッズで宿題や進学の勉強をしなかったら、家でそれをすることになります。子供たちだけでなく、保護者の負担も軽くはありません。宿題が終っていれば家族団欒の時間を多く取ることができます。喧嘩の材料も一つ減ります。


民間学童各社で英語が教科となったことで、各社それぞれに取り組みが始まっています。そのほとんどが英語スクールと組んだアウトソーシングです。先生に英語を教える力はありません。学習塾が経営している学童でもその学童の先生は英語を教えることが出来ません。トウキョウキッズでは学童の先生が英語を教えます。賢いママの代わりをしています。語カルタは子供達に人気です。ゲーム形式で学ぶことに子供たちは慣れているようです。歌って踊る英語は楽しいものの、英語がそれほど身につかないため、またネイティブによるすべて英語の授業も賢い子供ほど戸惑うため、テストをした後、やっていません。


夏休みなどの宿題については保護者と優先順位を相談した上で行います。毎日の宿題は時間をそれほどかけなくても終わります。例えば夏休みなど長期休暇の時の宿題で、かつ中学受験で時間が足りない時があります。また体調不良なので、提出期限に間に合わない場合もあります。あくまでもイーマージェンシープランですが、その場合に保護者と相談し、保護者が希望すれば、読書感想文、自由研究、工作など宿題のアウトソーシングも受けます。


尚、トウキョウズの学童は補助金を利用して運営している放課後等デイケアと異なり、発達障害やグレーゾーンの子供たちの受け入れを行っていません。学習塾では発達障害やグレーゾーンの子供たちの学習指導を行っています。

 

 

 

特徴

 

  • 勉強を優先しています。明るく、厳しく学びます。学校の宿題、受験指導に加えて、英語も学べます。切迫感や緊張感はありません。

  • 勉強は子供たちにとって、うざくて、面倒くさいと言います。頑張る力をつけて、これを習慣化します。
 
  • 定員は10名です。チュートリアル(少数)だからコミュニケ―ション良く、力強くフレキシブルにサポートできます

 

  • お預かりは月曜日から金曜日(祝日を除いて)13時から20時。保護者もいつでも定時に帰れるわけではありません。要望があった預かりの延長を始めています。22時までです。

 

  • 教える力のある先生が宿題を見ます。遅れているところは取り戻し、また先取り勉強もします。時間があれば英語の勉強をします。学童で学ぶメニューを入れているところが増えていますが、学習塾が運営しているところでさえ、教える力が伴っていないところが多く見られます。

 

  • おやつもあります。夕食までの空腹感を抑えるだけでなく、おやつは学びのインセンティブになっています。


  • 夏休みなど長期休暇は朝8時から営業します。

 

  • 学校の下校が早い時は要望があれば、それに合わせて教室を開けます。

 

  • 平日が学校の振替休日になった場合も要望に応じて、教室を開けます。

  • 公立学童との併用も歓迎です。

  • 英語教室、学習塾、ファイナンシャルスクールも兼営しています。英語は学童の時間内の学習に加えて、英語教室を取ることでさらに勉強できます。話せることに近づきます。学習塾を取ることで、学校の勉強の補習や中学受験の勉強もできます。他に金融、経済、経営など学校では学べないものの、社会人になってから大事なことも、ファイナンシャルスクールで学べます。

  • 一時利用も出来ます。預け先が見つからない場合にご相談ください。

  • 夏休みなど長期休暇の宿題で、受験勉強で時間の無い時は保護者と相談して、優先順位をつけ、保護者が希望すれば宿題のアウトソーシングを受けます。
 料金
 

トウキョウキッズの価格政策:すべてのお客様に対して、同じ価格です。キャンペーンもしていません。割引を前提にした価格体系にしていません。


ご利用時間(13:00-20:00) おやつ付き(すべて税抜きです)



☆ご利用回数


月額


週5回 4万円


週4回 3万3600円


週3回 2万6400円


週2回 1万9200円


週1回 1万2800円


20時からの延長 1時間2500円


他に管理費(毎月)1750円、教材費(毎月)1750円


週3回から週1回についてはご利用の5営業日前までに、振替のご連絡を頂いた場合に可能です。その振替をご利用予定日から1カ月以内であれば利用できます。


入会金 2万円



 お問合せ
 

教室がスタートする時を除いて、複数の保護者を集めた説明会、また直接、学童とは関係のないイベントは基本的には行っていません。個別に学童について説明をし、お話をお聞きし、ご質問に答えることにしています。保護者はご利用の目的が明確で、かつその内容が異なっているためです。メールか電話でご連絡ください。説明専用のスタッフは配置していません。子供たちを預かっている教室長が直接、説明をします。


トウキョウキッズは生徒一人一人、その保護者の目的を達することを考えています。100%を目指しています。多くの生徒を集めている学童では25%程度は不満足でも構わない経営をしていると思います。我々はそうならないために、一人一人に目が届くように10名の少人数制にしています。


保護者のご要望が過大で、我々の能力を超えると思われる場合にも、正直にそれをお話させて頂いています。場合により、入会をお断りする場合もあります。長期に生徒とその保護者に対して、良い関係を継続することを考えています。