白の英語コラム

白の英語コラム

多くの日本人が英語が話せない理由はいくつかあります。日本人のように諦めない人が多い中で、英語が話せないのはそのハードルが高いからと思っています。日本語と英語の違いを理解すすることで、英語が理解しやすくなるはずです。ビジネスに特有な単語と表現を覚えることはそれで成功する可能性を高めます。

102.downを使うものに和製英語が多い(2020年2月28日)

和製英語は独自の発展をし続けています。いつかまとめて本を出版する機会があればと思っています。


さて、今回は前回のupの反対、downを使った和製英語を取り上げます。


①image downする(イメージダウン)

毎日、使っている言葉ですが、和製英語です。英語ではhurt one's image、harm one's image、damage one's imageと言います。


That scandal has damaged the image of our company. あのスキャンダルが弊社のイメージダウンに繋がった。


②level downする(レベルダウン)

これも和製英語です。英語ではdecline、deteriorateを使います。deteriorateはビジネスでよく使われます。


Japan's balance of trade has been deteriorating. 日本の貿易収支がレベルダウンしてきている。


③grade downする(グレードダウン)

これも和製英語。英語ではdowngradeと言います。


Business is on the down grade. 景気が悪化している。


④power downする(パワーダウン)

これも和製英語。weaken、become weakを使います。


The economy is weakening. 経済がパワーダウンしてきている。景気が弱含みです。

 

⑤speed downする(スピードダウン)

これも和製英語です。英語ではreduce one's speed、slow downを使います。


You should slow down on corners. 曲がり角ではスピードダウンすべきです。


⑥price downする(プライスダウン

これも和製英語です。lower one's price、discount、cut priceを使います。


Isn't is possible to lower the price? 価格を下げることは可能ですか。


⑦cost downする(コストダウン)

これも和製英語です。英語ではreduce costs、cut costsを使います。


We need to reduce costs by 20%. 20%の経費削減が必要です。


upもdownも副詞で使われていることを意識した上、動詞のそもそもの意味と考え合わせると、英語としてはおかしいと思える和製英語が見つかります。