トウキョウキッズ TOKYO KIDS

日本人が話す通じる英語コラム

多くの日本人が英語が話せない理由はいくつかあります。日本人のように諦めない人が多い中で、英語が話せないのはそのハードルが高いからと思っています。日本語と英語の違いを理解すすることで、英語が理解しやすくなるはずです。

29.「まずは日本語から」にはエビデンスがありません(5月20日)

子供の教育について、英語を学ぶより日本語をしっかり学ぼうという意見を偶に聞きます。日本語を満足に話せないのに英語を学ぶことはおかしいという意味だったり、二つの言葉を学ぶことで脳に悪い影響を与えることを心配する意味だったりします。

しかしこの主張を支えるエビデンスはありません。教育者の意見を聞く時はエビデンスがあるかどうか、そしてその統計データについて、サイズや偏りを考える必要があります。身近な思い付きで意見を言っているケースが多いです。良い学校に行った息子娘モデルはメイクセンスしません。サンプルサイズが小さくても本質を拾える人もいますが、極めて例外です。

子供の時に2つの言葉を習うことにはなんら問題はありません。巨大なデータを見つけました。
再発見ですが、これに気付いた日本人を今のところ知りません。

実は中国人は地域の言葉と普通語を話すバイリンガルです。彼らは子供の時に2つの言葉を学びます。中国の地域の言葉は日本の共通語に似た方言と異なり、普通語と全くの別物です。中国の朝鮮族の子供は朝鮮語と普通語を学び、広東に住む子供は広東語と普通語を学ぶます。福建省の厦門で聞いたミンナンフワは過去に聞いたことが無い音の高さで驚きました。普通語とは全く異なります。

子供に安心して、外国語を学ばせてください。